国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援の現場から/最新ニュース

難民からカンヌ国際映画祭のレッドカーペットへ、驚くべき道を進むシリアの少年

ベイルートでのゼイン・アル・ラファーの難民としての子ども時代が、賞を獲得した映画の主役へと導き、彼をカンヌの栄光、さらにその向こう側へと送り出します

レバノンのベイルートで、ポートレートのためにポーズを取るシリア人の子役ゼイン・アル・ラファー(13歳)

テレビカメラに向かって内気に微笑み、カンヌ国際映画祭の満杯の観客の前でステージに上がるシリア難民のゼイン・アル・ラファー(13歳)は、集まった映画スター、監督、その他の映画産業の著名人から拍手喝采を浴びました。

 
ジュネーブ(スイス)2018年10月9日 ― 「体が固まったように感じました。完全に固まったのです。」彼が主役を演じた映画『Capharnaum(カペナウム/原題)』が栄えあるカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した5月のあの非現実的な夜を思い出しながら、ゼインは言いました。「スタンディングオベーションなんて見たことがありませんでした。あれは最高の瞬間でした。」

 
それは、レバノンの首都ベイルートでのシリア難民としての日々の生活の格闘から程遠いものでした。ベイルートの街中で、このカリスマ的かつ機知に富んだ10代の少年は、レバノンの映画監督ナディーン・ラバキの目にとまり、主演に抜擢されたのです。

 
2012年、シリア南部ダルアーから安全を求めてレバノンに避難した時、ゼインはわずか7歳でした。故郷の安全の状況が悪化した時、彼は1年生を終えたばかりだったのです。「私たちの命が危機にさらされていました。彼の母親と私は、彼の安全のために、学校教育を1年間だけなら、と考えて、犠牲にしなければならなかったのです」と父親のアリ・モハメド・アル・ラファーは語りました。

ベイルートのアパートの屋上で、兄フセイン、姉のイマン(左)、リマン(右)と遊ぶゼイン(右から2番目)

このレバノン人の映画監督は、俳優ではない人間を出演させることにリスクがあることを分かっていました。しかし、最終的にはそれが映画にパワーを与えた、とも語ります。「私の映画に役者はいません。出演者は全員、自分自身の人生や役割を演じています。彼らは皆それぞれに、自分自身の人生、格闘、そして苦悩を表現しているのです。」

 
ラバキ監督によると、映画製作中、ゼインはいくつかのシーンにおいて、即興で脚本に自分自身の言葉を加えていました。「ゼインは彼自身の名前もほとんど書けません。しかし、彼はその小さな肩に、6か月にも及ぶ長期の撮影という重責を負うことができたのです。彼は自分自身の表現、言葉、演技を加えることさえしました。これらはすべて、とても自然に彼の中から湧き出て、各場面をさらに強いものにしました」と彼女は語りました。

 
木曜の夜にベイルートで一般へ特別封切された映画『Capharnaum』は、児童労働、早婚、無国籍、貧困といった、レバノン人や難民に関わる多くの社会問題を扱っています。レバノンには現在、登録されたシリア難民約97万6,000人が暮しており、その半分は子どもです。人口比から見ると、世界最多の難民受け入れ国とされています。

「ここにいる従兄弟と会えなくなるのは寂しいですが、向こうでは学校に行き、読み書きを習うことができます」

レバノンのベイルートにある家族の家でリラックスするゼイン・アル・ザファー

2019年アカデミー賞アカデミー外国語映画賞のレバノン代表に選ばれた『Capharnaum』のために、今年後半は取材で世界を回ることが予想されるゼインにとって、彼の輝かしい演技のインパクトは今も続いています。

 
また、UNHCRの支援でノルウェーへの再定住が承認された時、彼の家族は全員、願ってもない歓迎を受けました。

 
困難に直面しましたが、レバノンを離れるのは容易なことではありませんでした。出発の前日、暑いベイルートの夜、ラファー家族が6年間“家”と呼んでいた貧しい近郊の小さなアパートは、別れを告げる家族と友達、隣人で混み合っていました。

 
ゼインの妹イマンは、出発前にベイルートで兄姉や両親と一緒に参加していたカルチャーオリエンテーションの授業で学んだノルウェーの言葉を暗唱していました。しかし、ゼインは複雑な心境でした。「幸せでもあり、悲しくもあります。ここで従兄弟と会えなくなるのは寂しいですが、向こうでは学校に行き、読み書きを習うことができます。」

 

母親のノアーの横に座り、ノルウェーに引っ越すための梱包をするゼイン(右)

ゼインと家族は今、ノルウェーでの新生活に落ち着こうとしています。ゼインには眠るためのベッドがあり、同じ年の他の子どもたちのように、学校へ行き始めました。「窓から海が見えます。海のそばに座るのは楽しいですが、海で泳げません。水が冷たいのです!」と彼は言いました。

 
彼らのように第三国で新しい生活を始めるチャンスを得る難民の家族は世界全体で1%未満です。ゼインはある日、役者としてのキャリアを追い求めることを決めるかもしれない、と語りました。しかし今のところ、彼はついに通学という夢を果たせて、幸せです。

Lisa Abou Khaled and Dalal Mawad

 
原文はこちら(英文)
Syrian boy takes incredible path from refugee to red carpet

シリア危機7年、今こそ支援が必要です

紛争は今も続いています。人々の命は、今も失われ続けています。今こそ、皆さまの力をUNHCRにお貸しください。

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する