国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める

ロヒンギャ難民危機におけるダーク・ヘベカー国連難民高等弁務官事務所(UNHCR) 駐日代表からの公式コメント

和文(要約) * 原文(英語)はこちら

2017年9月バングラデシュにて、ロヒンギャの子ども達と

私は25年間にわたる国連勤務において、数々の人々の苦悩を目の当たりにしてきましたが、今、命がけでバングラデシュに避難しているロヒンギャをはじめ、罪なき人々の光景は、その中でも最も深刻で衝撃的です。人々は食糧も水もままならない中、数日かけ、歩いて避難してきています。UNHCRはパートナー機関とともに、避難生活に最低限必要な援助物資を提供することに最善を尽くしていますが、追加支援がなければ、これから到着する人たちの命がいっそう厳しい状況にさらされることになります。シェルターや水、医薬品、衣服などの避難生活に最低限必要となる緊急援助物資がすでに不足しています。
どうか、今すぐご支援をお願いいたします。
皆様のご支援で、絶望の淵に立たされている人たち、特に子どもたちに食糧やシェルターを提供し、命の危険から人々を守ることができます。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR) 駐日代表 ダーク・ヘベカー

≪ミャンマーのラカイン州モンドー(2004 – 2007)、および、バングラデシュのコックス・バザール(2011 – 2013)にてUNHCRの人道援助活動に従事≫

原文(上方に掲載されている和文は原文の要約です)

Dear Readers,

I am writing to you to call for your help!
Once again, violence is raging in the remote northern part of Rakhine State in Myanmar forcing tens of thousands of innocent civilians, Rohingya, Rakhine and other ethnic people from their homes. In 25 years of working with the United Nations, I have witnessed many scenes of human suffering, exhausted refugees, women and children. Yet, the pictures of people escaping the violence that erupted in Rakhine State at the end of last month are the most horrific and shocking I have ever seen. UNHCR and its partners on the ground are working around the clock struggling to cope with providing even the most basic aid to those arriving after walking to safety for days without food, water or proper clothing.
Emergency supplies – such as shelter materials, clothes, even water, medicine – are already running low. Without additional support, UNHCR will not be able to ensure the newly arriving refugees’ survival and basic dignity.

写真:ダーク・ヘベカー駐日代表Within less than two weeks, more than 150,000 people fled to neighbouring Bangladesh which is already hosting more than 300,000 Rohingya refugees, some of which for more than 25 years. The exodus continues to this date and could reach even far higher numbers.
In this dire situation, UNHCR and I personally appeal to you to spare whatever you can to show your solidarity and support with people who endure enormous suffering and deprivation.
Please help! Please donate now so that refugees, especially children, can be fed, sheltered and protected.

Dirk Hebecker
Representative in Japan
The UN Refugee Agency

(Among many duty stations, Mr. Hebecker worked in the area affected by the latest spate of violence twice in his 25-year career with the United Nations – from 2004 to 2007 in Maungdaw, northern Rakhine State, and again from 2011 to 2013 in Cox’s Bazar, South-Eastern Bangladesh.)

【共同声明】国連機関の代表、ロヒンギャ難民への連帯求める

UNHCRと国連人道問題調整事務所(OCHA)、国際移住機関(IOM)の代表は、ロヒンギャ難民への連帯求める共同声明を発表しました。

詳細はこちら
http://www.unhcr.org/jp/15449-pr-171016.html
※UNHCR駐日事務所のWebサイトへリンクします

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する