国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める/イベント/学校・団体のご支援

【札幌】難民の日記念イベント
2018年6月16日(土)「難民を知る2018~ちいさな善意がつむぐ希望の光~」

映画『希望のかなた』無料上映
2017年国際批評家連盟賞年間グランプリ ミュンヘン映画祭 平和のためのドイツ映画賞ザ・ブリッジ監督賞

画像:難民の日記念イベント「難民を知る2018 ちいさな善意がつむぐ希望の光」フライヤー

▲フライヤー

今年も札幌ではJICA北海道と共催で世界難民の日特別企画として「難民を知る2018~ちいさな善意がつむぐ希望の光~」を開催いたします。
今回は、第12回国連UNHCR難民映画祭2017でも上映された映画『希望のかなた』の無料上映、長引くシリア紛争で生活基盤のすべてを失いつつある女性たちに『針と糸』で収入の道を開くプロジェクト、イブラ・ワ・ハイトの商品販売、学生団体SOARの展示の他、国連難民支援キャンペーンも実施します。

映画『希望のかなた』

『誰かを受け入れるとき、そこには希望が生まれる』
シリア難民の青年がたどりついた国フィンランド。
酷薄な現実にさらされる青年を、ちいさな善意があつまり、支えていく。
『希望のかなた』は今、世界が忘れかけている“当たり前”の人間性を、辛辣なユーモアと無償のやさしさをもって描いたヒューマンドラマです。

映画『希望のかなた』詳細はこちら


イブラ・ワ・ハイトについてはこちら
学生団体SOARについてはこちら


1人でも多くの方に世界の難民問題について知っていただき、考え、そして行動をしていただければ、との想いで毎年実施をさせていただいております。
入場は無料です。ぜひ、お気軽にお越しください。詳細は以下の通りとなっております。

難民の日記念イベント「難民を知る2018~ちいさな善意がつむぐ希望の光~」詳細

開催場所 リフレサッポロ ライラックホール
札幌市白石区本通16丁目南4-26(南郷18丁目駅徒歩9分)
開催日時 2018年6月16日(土)13時30分~16時30分(開場13時)

フライヤーPDFはこちら

※参加費は無料です

プログロム

第1部:『希望のかなた』無料上映会

第2部:トークセッション

お申込み

JICA北海道 市民参加協力課
hkictpp@jica.go.jp
TEL 011-866-8421

 

※当講演会の詳細等につきましては、上記の連絡先までお問い合わせください(当協会へのお問い合わせはご遠慮ください)。

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する