国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

企業のご支援

Searching for Syria(シリアにまつわる検索)
GoogleとUNHCRが最も多い5つの疑問に回答

※こちらのサイトは終了いたしました。
 たくさんの方々のご利用、ありがとうございました。

ニューヨーク/ロンドン/パリ/ベルリン/マドリッド 2017年5月22日 ― UNHCRとGoogleは、世界中のオンライン・ユーザーへ、力強い新ウェブサイトを立ち上げました。そのサイトは、シリア難民危機、それによって生じている驚くべき人的損失、暴力と迫害で家を追われる何百万ものシリア人家族が生き延び、尊厳を回復できるように援助している世界の人道的対応に関する実態について有益な情報を提供します。

 
UNHCRのデータ及びストーリー、Googleトレンド等を結合させ、世界の人々がシリア難民危機について尋ねる、以下の5つの一般的な疑問に対する回答を届けます。

 

 
答えは、豊富なマルチメディア・コンテンツを通して、届けられます - UNHCRからの答えもあれば、Googleが提供する答えもあります。

「“Searching for Syria(シリアにまつわる検索)”は、シリアと難民に関する作り話や誤解を払拭し、現代の最大の人道的悲劇について全く新しい姿を見せすることを目的としています」とフィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官は言います。「このプロジェクトは、人々が知りたいと思っているシリア難民と避難民についての5つの重要な疑問に焦点を当て、回答することが可能となるGoogleとの素晴らしいプロジェクトです。また、このサイトによって、私たちは人道支援に必要な支援と資金を募ることができます。」

 
「私たちは、この“Searching for Syria(シリアにまつわる検索)”の開発にUNHCRと取り組み、今続いている紛争と難民危機による人的損失を世界に知らせ、意識を高めていくために援助できることを誇りに思います」とGoogle.orgのジャクリーン・フラー副社長は語ります。「私たちのほとんどにとって、シリア難民危機の真相は理解しがたいものです。しかし、“Searching for Syria(シリアにまつわる検索)”に対する質問は、多くの人々がこの問題を理解したいと願っていることの表れなのです。昨年、ドイツ、フランス、イギリスでトップになったウェブ検索の1つは“What is happening in Syria?(シリアで何が起こっている?)”だったのですから。」

 
シリア危機は国際的解決と紛争終結への能力が試される7年目となり、500万人以上のシリア難民が、さらに厳しさを増す苦難と犠牲に晒されています。近隣の受入国は、シリア危機に対応する矢面に立たされ続けていますが、いつまでも持ちこたえられるものではありません。一方、UNHCRが主導するシリア難民への人道支援活動においては、今年家を追われたシリア人家族の緊急支援に必要な資金の17%しか集まっていない、という重大な課題に直面しています。

 
“Searching for Syria(シリアにまつわる検索)”のウェブサイトでの体験を通して、人々は5つの疑問を閲覧することができ、短く編集された道筋、難民のプロフィール、写真やビデオを通して、コンテンツの奥深くまで入り込むことができます。より深く関わっていくことを望むユーザーのために、このウェブサイトでは、SNSを介してのコンテンツのシェア、難民の子どもたちの教育や難民の家族の安全等を提案するよう世界各国へメッセージを届ける #WithRefugees #難民とともにキャンペーン への署名、難民支援への寄付、といったオプションも提供しています。

 
“Searching for Syria(シリアにまつわる検索)”のウェブサイトは、英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語が公開されており、アラビア語バージョンも公開予定です。このウェブサイトは、数か国のGoogleホームページ( http://www.google.com )の特集されている他、直接 http://www.searchingforsyria.org からもアクセスできます。

シリア難民危機について

2011年3月の勃発以来、人口(推定2,200万人)の約半分が故郷を追われています。500万人が近隣国で難民となり、シリア人は世界で最も難民を出している国となりました。さらに630万人がシリア国内で家を追われ避難民となっています。

 
10人中9人のシリア難民が近隣国内の地方や都市の受入コミュニティに住み、シリア難民500万人のうち難民キャンプに暮らすのは、わずか10%です。

 
シリア難民が300万人近く登録されているトルコは、世界1位の難民受入国です。

 
イラクはシリア難民23万6,772人を受け入れています。

 
レバノンはシリア難民100万人以上(101万1,366人)を受け入れています。レバノンの人口の4人に1人はシリア難民です。

 
2017年のシリア難民に対する緊急人道支援に必要な資金に対して、わずか17%しか集まっていません。

UNHCRについて

UNHCRは、難民を保護し、難民問題の解決へ向けた国際的活動を主導し調整するために、国際連合によって委任された機関です。1950年に設立され、その人道的な支援活動により1954年、1981年にノーベル平和賞を受賞しています。

Googleについて

Googleのミッションは、世界の情報をオーガナイズし、広くアクセスしやすく、かつ有益なものにすることです。サーチ・地図・Gmail・Android・Google Play・Chrome・YouTubeといったプロダクトやプラットフォームを通じて、Googleは数十億人の日々の生活において意味のある役割を果たし、世界で最も広く知られた企業のひとつになっています。GoogleはAlphabet Inc.の子会社です。

 
原文はこちら(英文)
Searching for Syria Google and UNHCR offer answers to five top questions

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する