国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める/みんなの声

高木真緒:それぞれの物語がつながる場所

私が移民・難民問題に興味を持ったのは、留学中にアウシュビッツ強制収容所を訪れたときです。

 

ここで起こったことは、特殊な場所の、特殊な状況ではない。

その人をよく知る前に、「私とあなたは違う。この人たちとは分かり合えない…」と感じてしまう部分は、きっと誰の心の中にもあると思います。

 

「これはあなたの物語でもある。自分の内面と向き合って、心の中の本質的な差別意識に向き合い続ける覚悟ができないなら、ここに来た意味はないよ―」

それがアウシュビッツが教えてくれたことでした。帰国後すぐに、こちらのインターンに応募しました。

 

私がオンライン広報インターンを通して意識したことは、大きな「難民問題」に興味をもってもらうより、個人としての難民の物語に関心をもってもらうことでした。難民は私たちと同じように、それぞれが異なるバックグラウンドや夢、キャリアをもつ人々なのだということを伝えたかったからです。なるべく難民の方自身の言葉を大切に、その人の人柄が浮かび上がるように書くことを心がけました。

 

難民のストーリーを伝え、温かいコメントをいただく度に、SNSとはそれぞれの物語がつながるコミュニケーションの場だと感じました。難民の皆さんのことを少しでも身近に感じていただけたなら、それ以上に嬉しいことはありません。

 

私はこれから大学院で専門的に移民政策とマイノリティーの社会統合にについて学び、将来につなげたいと考えています。

仲間と協力し作り上げた貴重な経験を、これからの活動に生かしていきたいです。

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する