国連UNHCR協会の女性支援プロジェクト
「WOMEN+BEYOND 私たちから、世界を変えよう。」


WOMEN+BEYONDプロジェクト  コンセプト

「WOMEN+BEYOND 私たちから、世界を変えよう。」
シーズン2がはじまります!

 

世界では今、1億人を超える人が望まない形で避難生活を送っています。その半数以上は女性と子どもたちです。

ウクライナやアフガニスタンへの支援が急務となるなか、同じアジアのバングラデシュでは、大規模な避難から5年目を迎えたロヒンギャの女性たちが自立への一歩を踏み出そうとたゆまぬ努力を続けています。

「WOMEN+BEYOND」プロジェクトのシーズン2では、コロナ禍のロヒンギャ避難民キャンプで保健指導ボランティアとして活躍する女性や、自らキャンプの緑化に取り組む少女などのストーリーをご紹介しながら、自立への道を歩む難民女性のさらなるエンパワーメントを目標に、活動を開始します。

日本の皆様からウクライナやアフガニスタンにいただいている温かなお気持ちを、同じアジアで避難生活をおくる女性たちに。
「WOMEN+BEYOND 私たちから、世界を変えよう。」シーズン2にぜひご参加ください。

今後の予定
10月11日前後  国際ガールズデー、WOMEN+BEYOND シーズン2詳細発表
11月26日    WOMAN EXPO 2023 WINTER ウェビナー開催(予定)
12月以降     WOMEN+BEYOND シーズン2メールマガジン配信開始
2023年
3月8日前後   国際女性デー、シーズン2チャリティイベント詳細発表


いま、日本のわたしたちにできること。WOMEN+BEYONDのゴール

WOMEN+BEYONDプロジェクトシーズン2で目指すのは、バングラデシュでのキャンプ生活が5年目を迎えたロヒンギャ女性たちの自立支援です。

未来への展望が不透明な環境でも、自らの力で助け合い、未来を切り開こうとする女性たち。いっしょに彼女たちのストーリーを知り、次の一歩を私たちの力で支えませんか。

支援事例①約1.6万円で

10人のロヒンギャの少女が学習センターに通うための学用品(文房具、衣類、バックパック)を提供できます

支援事例②約2.8万円で
難民キャンプで暮らすロヒンギャの家庭に農業を通じた自立支援パッケージを提供できます
支援事例③約8.4万円で
ロヒンギャの子どもたちのための仮設教室を1室、修理維持することができます

※1ドル=140円換算


WOMEN+BEYOND わたしも応援しています

 

WOMEN+BEYONDメールマガジンに登録しませんか

「女性のエンパワーメント」分野で活躍する社会リーダーへのインタビュー・難民女性のストーリー・ミニコラムで構成するメールマガジンを配信。メールマガジンでは随時、「WOMEN+BEYOND」に賛同する各界著名人をお招きしたイベント等のご案内もしていきます。メールマガジンに登録された方には抽選で素敵なプレゼントもご用意しています。 

 



 

  • 当協会へのご寄付は、税控除(税制優遇)の対象になります。お送りする領収証は確定申告にご利用いただけます。
  • ご支援者の皆様にはメールニュース、活動報告等を送らせていただき、難民支援の「今」、そしてUNHCRの活動を報告させていただきます。
  • Webでご寄付いただく際の皆様の個人情報はSSL暗号化通信により守られております

*皆様のご支援は、UNHCRが最も必要性が高いと判断する援助活動に充当させていただきます。

皆様からのご寄付によって 多くの命が助かります。
水・食糧の供給から住居、医療、教育まで、長期的に難民を 支えるには、毎月のご支援が欠かせません。ぜひ、ご検討ください。
水・食糧の供給から住居、医療、教育まで、長期的に難民を 支えるには、毎月のご支援が欠かせません。ぜひ、ご検討ください。
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する