レバノン・シリア・ヨルダン気温マイナス1度 難民が多く暮らす国々に厳しい冬が到来

緊急事態:シリア難民 防寒支援が急務
凍えるような寒さのなかで苦しむ難民を、決して見捨てることはできません。

靴下のないアマニちゃんの足

シリア・アレッポの厳しい戦闘から家族とレバノンに 逃れてきたアマニちゃん(3歳)。凍るような寒さの中、UNHCRの配布した毛布にくるまって体をあたためます。保温性の高い、冬のための特別な毛布です。雪が降る時期はもう目の前に迫っています。でも、アマニちゃんは裸足のままです。実は彼女だけではありません。多くのシリア難民が、防寒具や靴下もないまま冬を迎えようとしているのです。

現在、レバノンなどシリアの周辺国に避難しているシリア難民は約564万人を超えています。これから訪れる冬の厳しい寒さは、着の身着のまま逃れてきた難民のすでに困窮している生活を容赦なく直撃し、特に幼い子どもたちや高齢者などは命の危険にさらされます。本格的な冬の到来を前に、一刻も早くUNHCRの防寒支援を届けることが急務です。 ※2021年9月現在

過酷な冬を前に、一刻の猶予もありません

「厳しい寒さで、多くの子どもたちが病気になります。少なくとも8人の子どもたちが寒さで亡くなりました」(シリア・ルクバン避難民居住地)  「家のそばにロケット弾が落ち、何も持たず逃げてきました。夜中に何度も子どもたちが起きて『ママ、寒い』と訴えるのです」(ナディラさん/イラク・バルダラシュ難民キャンプ)

動画:ご存知ですか?中東の冬は零下の寒さになることを

難民の暮らしに寄り添って支える、UNHCRの防寒支援

シェルターの 壁や天井を 防寒仕様に

寒さをしのぐ、シェルターの防寒対策

レバノンやヨルダンなどシリア周辺国では冬は気温が氷点下に。シェルターは凍えるようなすきま風で底冷えし、夜も眠れない寒さとなります。
UNHCRは、難民キャンプやキャンプ外に暮らす難民に、布やトタン一枚のシェルターの壁や天井を補強・補修するための防寒材や工具を提供。凍てつく寒さから難民を守ります。

厳しい貧困生活の生命線

医療費にも、暖房費にも。現金の給付支援

長期の避難とコロナ禍で厳しい貧困に陥っている難民。冬は暖房費がかかるだけでなく、寒さで感染症にかかる子どもが多くなり医療費もかさみます。アブドゥルくん(写真・5歳)は体調を崩し、給付された現金で購入した薬を飲んでいるところです。食事の回数を減らすほどの貧困の中、各家庭が冬に最も必要な物を購入するために不可欠な支援です。

氷点下の気温でも温かく

冷え込む日々に、暖房器具の提供

雪が降るほど厳しい寒さにもかかわらず、暖房器具さえ持たないシリア難民が多くいます。
低体温症や凍傷になってしまう子どもたちも多く、寒さから身を守るために安全なストーブや燃料などの提供が緊急に必要です。

家族全員に温かい毛布を

冬を越えるために不可欠な物資の提供

保温性の高い毛布や冬用の上着、靴下などの防寒具、防水シートなどは、紛争から着の身着のまま逃れてきた人々の冬の避難生活に不可欠です。
UNHCRはパートナー団体と連携し、家族の人数に応じて必要な物資を提供しています。

ジーナさんと子どもたちに届いたUNHCRの防寒支援

ジーナさん一家

ヨルダンの難民キャンプで私たち職員を迎えてくれたのは、2歳の男の子を抱いたジーナさん(33歳)。妊娠8か月の母親でした。シリアの自宅は爆撃で破壊され、ヨルダンへ避難してきました。2~13歳まで6人の子を抱える一家。家から持ってこれたのは、一人につき二着の服だけでした。
11月の難民キャンプはすでに凍えるような寒さで、立っていると震えが止まらないほどでした。一家は、当初は布のテントに住んでいて、暖房器具もなく本当に寒かったと話します。「テントで暖房もなくて、どうやって温かくしていたのですか?」そう尋ねると、穏やかに話していたジーナの表情がみるみる曇りました。「ただ家族で抱き合って、温めるしかありませんでした。」ジーナさんはそう言って黙りこみ、涙ぐんでしまったのです。母親としてどれだけつらい思いをしたのか、痛いほど伝わった瞬間でした。幸い一家は、この年はUNHCRから防寒支援の現金給付を受け、ガスヒーターの燃料を買い、シェルターの雨もりも修理できました。ジーナさんは、「本当に助かりました」と、実際に修理した箇所を見せてくれました。今、新しく家族が増えたジーナさん一家。今年も厳しい冬の寒さとの闘いが始まっています。この冬も、ジーナさんたちのように多くのシリア難民が、切実にUNHCRの支援を必要としているのです。

この冬も、UNHCRの支援がなければ多くの難民が寒さに震え、その命と健康が危険にさらされます

土岐 日名子 UNHCRレバノン事務所 代表補

土岐日名子UNHCR職員
前勤務地のバングラデシュのロヒンギャ難民キャンプにて

皆様はレバノンといえば何を思い浮かべるでしょうか。レバノンは山脈と地中海に囲まれ、岐阜県とほぼ同じ面積の小さな国です。古代遺跡や豊かな自然などでも知られている一方、長年内戦が続きました。2020年のベイルートでの爆発事故では大きな被害を出し、近年の深刻な経済危機で、物資の不足や頻繁な停電など厳しい社会情勢となっています。

また、レバノンは隣国シリアから約150万人の難民を受け入れており、実に人口の6人に1人が難民です。レバノン人自身が困難な状況の今、シリア難民への感情は悪化しトラブルが増えており、難民はさらに厳しい状況に置かれています。

そうした中、難民にとって最も過酷な季節である冬が迫っています。ベイルート近郊でも雪が降り、建物の中にいても骨にしみるような寒さで暖房が必ず必要です。また、東部のベッカー高原(平均標高1000メートル)のような標高の高い地域は、気温がマイナス10度まで下がることもあり、深い雪に包まれます。各家庭では、ガス、灯油、電気、薪ストーブなどさまざまな暖房器具を使って寒さをしのぎますが、今冬は全国的な燃料不足のため、灯油を入手することが非常に困難で、電気の供給も滞っています。2021年の調査によると、シリア難民の約9割が極端な貧困の中で暮らしているのです。  ※レバノンでUNHCRなど国連が合同で毎年行っている、シリア難民世帯に関する調査

そのベッカー高原に暮らす、シングルマザーのクホドさんは冬をとても恐れています。「お金がないので、子どもたちに食べ物をいつも買えるわけではありません。パンだけの時もあります。子どもたちを寒さから守り、食べ物や服、薬も必要です。でもどうしたら手にできるのでしょうか」。クホドさんのように多くの親たちが、「家族に食べ物を買うか、温かくするか」という厳しい選択を迫られるのです。

シリア難民のシバさん
シリア難民のシバさん、10歳。2021年2月、雪の嵐がレバノンを襲い、弁護士を夢見る彼女はこの日、テントから水を取り除くため一日中働いていた

UNHCRは昨冬、レバノンで大規模に防寒支援を実施した唯一の人道援助機関でした。この冬も、UNHCRの支援がなければ多くの難民が寒さに震え、その命と健康が危険にさらされます。レバノンの人々はこれまで、苦しい中で多くのシリア難民を寛容に受け入れ、手を差し伸べてきました。UNHCRは、状況に応じて難民だけでなくその地域で貧困に苦しむ人々にも支援を提供しています。同じ地域に住む人々に対し、「難民は助け、それ以外の人は助けない」というわけにはいきません。レバノンは、経済は崩壊し食料や燃料不足がひっ迫、今まさに人道危機に直面しています。

幼い子ども、家族を守ろうと必死に働く親たち、体力のない高齢者など、レバノンに暮らす難民をはじめ家を追われたすべての人々が、この冬を無事に過ごし春を迎えられるように、日本から温かいご支援をいただきますよう、心よりお願い申し上げます。

氷点下の凍える寒さが、子どもたちの命を危険にさらしています。
どうか今すぐ、温かいご支援をお願いいたします。

雪を耐える難民の少年

UNHCRは2021年の冬が始まるまでに、シリア難民とシリア/イラクの国内避難民など合計約330万人に防寒支援が急務と発表しました。 そのために約205億円の資金が必要ですが、UNHCRは現在深刻な資金不足にあり、このままでは命を守るための防寒支援すら削減せざるを得ない危機的な状況です。どうぞ手遅れになる前に、今すぐのご支援をお願いいたします。

一枚の毛布が、一つのストーブが、凍てつく寒さから難民の命を守ります。

あなたのご支援でできること

毎月1,500円のご寄付
1年で、冷たい風雨や雪から身を守る防寒具9人分
毎月3,500円のご寄付
1年で、保湿性が高く、低体温症を防ぐ温かい毛布10家族分
毎月5,000円のご寄付
1年で、灯油やストーブの購入、家族の医療費にもなる現金の給付支援12家族分

※1ドル=106円換算

*皆様のご支援は、UNHCRが最も必要性が高いと判断する援助活動に充当させていただきます。

UNHCR(国連高等難民弁務官事務所)は、 難民の命を守り、保護する機関です。
ルワンダ難民を訪問する緒方元高等弁務官
ルワンダ難民を訪問する緒方元高等弁務官
UNHCRは、シリア・アフガニスタン・南スーダンなど世界中で家を追われた難民・国内避難民を支援・保護し、水や食料毛布などの物資の配布や、難民キャンプなど避難場所の提供、保護者を失った子供の心のケアなど、最前線で援助活動に尽力しています。1991年から10年間、緒方貞子さんが日本人として初めてUNHCRのトップである国連難民高等弁務官を務めました。 
※紛争や迫害などのため命の危険があり、国外へ逃れた人を「難民」、国内で避難している人を「国内避難民」と呼びます。

よくあるご質問

Q 寄付は、寄附金控除の対象になりますか?
A はい、ご寄付は税控除(税制優遇)の対象となります。お送りする領収証は、確定申告にご利用いただけます。
Q UNHCR駐日事務所と国連UNHCR協会はどのような関係にあるのですか?
A UNHCR駐日事務所は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が、現在世界約130か国に置く事務所のひとつであり、主に日本政府との窓口を務めています。国連UNHCR協会は、スイス・ジュネーブのUNHCR本部やUNHCR駐日事務所と連携して、日本における公式支援窓口として活動しています。
Q 毎月の寄付の金額は自由に決められますか?
A はい、月々1,000円以上であれば、500円単位で任意の金額をお選びいただけます。
Q 寄付はどのように使われますか?
A ご寄付は世界中で支えを待つ難民のために大切に使わせていただきます。難民支援のための予算は、重大性・緊急性などを考慮して配分されます。
Q 支援を停止する場合はどうすればいいですか?
A ご支援金額の変更や停止はいつでも可能です。0120-540-732(通話料無料)または、「毎月寄付の金額・寄付方法の変更、解約」ページよりお手続きをしていただけます。
皆様からのご寄付によって 多くの命が助かります。
水・食糧の供給から住居、医療、教育まで、長期的に難民を 支えるには、毎月のご支援が欠かせません。ぜひ、ご検討ください。
水・食糧の供給から住居、医療、教育まで、長期的に難民を 支えるには、毎月のご支援が欠かせません。ぜひ、ご検討ください。
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する