中東やウクライナの難民・国内避難民をあなたの支援であたためることができます。
 
JAPAN FOR UNHCR 難民を守る。難民を支える。国連UNHCR協会 今すぐ寄付する
 

日頃よりUNHCRの難民援助活動にあたたかいご支援を賜り、心より御礼を申し上げます。

先日、極寒の冬に直面しているウクライナ、アフガニスタン、シリアなど中東の難民・国内避難民に関するメールをお送りしましたが、ご覧いただけましたでしょうか。
既にお読みいただき、ご支援をいただいておりましたら行き違いのご連絡をお詫び申し上げます。またご協力に心より感謝申し上げます。
もしまだお読みでないようでしたら、下記よりメールの内容をご案内しておりますため、ぜひお読みいただければ幸いです。

 
SAVE A LIFE 極寒の地で暮らすことを余儀なくされています。 紛争や迫害、自然災害などから逃れるために多くの人たちが母国を離れることを余儀なくされています。ウクライナ、アフガニスタン、シリアなどの中東の難民です。ほとんどは家も毛布もなく凍えるような寒さに苦しんでいます。彼らは支援に頼るしかありません。 UNHCRの防寒支援活動 (C)UNHCR/Julian Busch
想像を絶する過酷な状況で冬を生き抜く人々がいます。
 

住み慣れた故郷を追われ、
一日一日を懸命に生きる人々が直面している
凍てつくような寒さを知ってください。
中東やアフガニスタン、ウクライナで暮らす
難民・国内避難民にとって、
冬は命にかかわる季節です。

 
ウクライナ[Ukraine] -20℃まで達する寒さ 6か月もの長い冬 今なお続く戦争の影響 アフガニスタン[Afghanistan] -25℃まで達する冬の平均気温 1万人以上が10月の地震で被災(2023年10月時点) 深刻な食糧・物資不足 政情不安による貧困拡大 中東[Middle East] -8℃まで達するイラクの冬 13年目となる厳冬のシリア避難生活 1000万人以上のシリア難民と国内避難民 地震によるシリアの経済状況悪化 この冬、深刻な貧困の中で人々は暖をとることも難しく凍てつく寒さに耐えるしかない日々を送っています。
 
命を守るために防寒支援が必要です。 例えば27,000円のご寄付で冬を越すのに必要な防寒具セット6人分を提供できます。 今すぐ寄付する(所要時間約2分)

 

難民・国内避難民に防寒支援が急務です。
現地の声に耳を傾けてください。

動画を見る

 

 

過酷な冬が始まっています。
時間がありません。

防寒支援にご協力お願いします(所要時間2分)

 

SAVE A LIFE 難民にあたたかな光を。 皆様のご支援が、極寒の苦しみから人々を守り、尊い命を救います。 (C)UNHCR/Diego Ibarra Sanchez 戦争や迫害、自然災害。変わりゆく世界情勢の中で今年も1億1260万人が故郷を追われ、いまこの瞬間も苦しい避難生活を強いられています。今年も無事に冬を乗り越えられるであろうか・・・そんな不安を抱え、戦争による攻撃や貧困、食料不足に苦しみながら迎える過酷な冬は、難民・国内避難民にとっては命さえも危険にさらします。皆さまの気持ちで救えるのは、寒さから守られた暮らしと尊い命。今日を生きることだけで精一杯な人々に、暖かな希望の光を届けてください。
 

今すぐ寄付する

 
あなたのご寄付でできること
 
12,000円のご寄付で雨風から家を守る防水シート6枚分を提供できます。 (C)UNHCR
 
27,000円のご寄付で冬を越すのに必要な防寒具セット6人分を提供できます。 (C)UNHCR/Emad Kabbas
 
35,000円のご寄付で部屋を暖めることができる暖房器具3台分を提供できます。 (C)UNHCR/Hameed Maarouf
 

皆様のご支援は、UNHCRが最も必要性が高いと判断する援助活動に充当させていただきます。
※1ドル=144円換算。

 

今すぐ寄付する