JAPAN FOR UNHCR 難民を守る。難民を支える。国連UNHCR協会 寄付する
 
本格的な冬が始まり、難民は厳しい寒さに苦しんでいます。
 

中東地域の本格的な冬が始まりました。
中東の冬は一日の寒暖差が激しいため、夜は大変冷え込みます。
雪の降る地域もあります。
しかし、難民が暮らすシェルターなどの住居はプレハブのような造りのため脆弱です。家の中はアルミのような薄い壁で建てられているため、底冷えします。

 

過酷な冬から難民の命を守るために、あなたの温かいご支援が、いま必要です。

 

写真は、レバノン・ベッカー高原の難民居住地で、吹雪の中を歩くシリア難民。

 
「子どもたちが寒さに震える姿を見るのが、とてもつらいです。」シリア難民のシングルマザー フダさん

「子どもたちが
寒さに震える姿を見るのが、
とてもつらいです。」

 

シリア難民のシングルマザー
フダさん

 
中東地域で暮らす難民の声をお聞きください
 

 

シリア紛争が始まってから11回目の冬、
過酷な状況と難民の声を動画にてご紹介しています。

動画を見る 動画を見る

 

 

 

日本から、あたたかさを届けませんか。

12,000円で、難民にストーブ1台と保温性の高い
フリース製の毛布1家族分を提供できます。

UNHCRの防寒支援活動

冬の寒さから誰一人取り残さず難民を守るために。

今年もUNHCRの防寒支援活動に温かいご支援をお願いいたします。

今すぐ寄付する
(所要時間約2分)

ご寄付は寄付金控除の対象になります。

 

 
難民にあたたかさを贈ろう
 

国連UNHCR協会
事務局長

 
川合雅幸