動画:UNHCRコロンビア/ラ・グアヒーラ事務所長フェデリコ・セルサーレ

(動画右下の設定で字幕をオンにしていただければ、日本語字幕が表示されます)

「苦しく、つらい道のりでした」
キツザ(25歳)/コンゴ民主共和国

「苦しく、つらい道のりでした」
個人や社会には、いまだ深い恐怖と不安が巻き起こっています。不誠実にも、これを利用して情報を操作したり、不安をあおったりする人もいます。そのターゲットは、決して遠く離れたところにいる人ではありません。怒りや敵意が、すでに東アジアの発生地の人たちに向けられているという現実があります。
ミッシェル・バチェレ国連人権高等弁務官
UNHCRのロヒンギャ難民援助活動
UNHCRは、一人の命も失わせないために
不眠不休の援助活動
 続けています。
タイトル
UNHCRの活動
テストtetetetetてててててててててててててて

長年紛争に苦しむコンゴ民主共和国(以下コンゴ)では、武装勢力等による略奪や拷問、性的暴行などの著しい人権侵害が止まず、約450万人が国内で避難を強いられています。

 

今年5月にも武装勢力による暴力行為が激化し、多くの人々が着の身着のままウガンダ国境へ逃れました。新型コロナウイルスの影響で国境を閉鎖していたウガンダ政府ですが、7月に国境を一時的に開き、3日間で3,000人以上がウガンダへ避難しました。

 

今年5月にも武装勢力による暴力行為が激化し、多くの人々が着の身着のままウガンダ国境へ逃れました。新型コロナウイルスの影響で国境を閉鎖していたウガンダ政府ですが、7月に国境を一時的に開き、3日間で3,000人以上がウガンダへ避難しました。

 

UNHCRは、パートナー機関と連携して被害者のカウンセリングなど心のケア、医療介入、法的支援などを行うとともに、啓発活動を通じ「性的暴力はいかなる場合も許されない」等のメッセージを、女性たちだけでなく、コミュニティのリーダーの男性たちや一般の人々に対して広げています。

 

また、部族間対立の遠因が、水をはじめとする資源の確保が原因となることを鑑み、対立を激化させないよう、コミュニティ全般にわたる資源増補を目的とした支援にもあたっています。


タイトル

長年紛争に苦しむコンゴ民主共和国(以下コンゴ)では、武装勢力等による略奪や拷問、性的暴行などの著しい人権侵害が止まず、約450万人が国内で避難を強いられています。

 

今年5月にも武装勢力による暴力行為が激化し、多くの人々が着の身着のままウガンダ国境へ逃れました。新型コロナウイルスの影響で国境を閉鎖していたウガンダ政府ですが、7月に国境を一時的に開き、3日間で3,000人以上がウガンダへ避難しました。

 

UNHCRは、パートナー機関と連携して被害者のカウンセリングなど心のケア、医療介入、法的支援などを行うとともに、啓発活動を通じ「性的暴力はいかなる場合も許されない」等のメッセージを、女性たちだけでなく、コミュニティのリーダーの男性たちや一般の人々に対して広げています。

また、部族間対立の遠因が、水をはじめとする資源の確保が原因となることを鑑み、対立を激化させないよう、コミュニティ全般にわたる資源増補を目的とした支援にもあたっています。

キャプション
UNHCRのロヒンギャ難民援助活動
UNHCRは、一人の命も失わせないために
不眠不休の援助活動
 続けています。
UNHCRの活動
セクション見出し
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。 この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられて。
セクション見出し
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。 この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられて。
セクション見出し
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。
画像
セクション見出し
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。
セクション見出し
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。
セクション見出し

長年紛争に苦しむコンゴ民主共和国(以下コンゴ)では、武装勢力等による略奪や拷問、性的暴行などの著しい人権侵害が止まず、約450万人が国内で避難を強いられています。

 

今年5月にも武装勢力による暴力行為が激化し、多くの人々が着の身着のままウガンダ国境へ逃れました。新型コロナウイルスの影響で国境を閉鎖していたウガンダ政府ですが、7月に国境を一時的に開き、3日間で3,000人以上がウガンダへ避難しました。

セクション見出し

長年紛争に苦しむコンゴ民主共和国(以下コンゴ)では、武装勢力等による略奪や拷問、性的暴行などの著しい人権侵害が止まず、約450万人が国内で避難を強いられています。

 

今年5月にも武装勢力による暴力行為が激化し、多くの人々が着の身着のままウガンダ国境へ逃れました。新型コロナウイルスの影響で国境を閉鎖していたウガンダ政府ですが、7月に国境を一時的に開き、3日間で3,000人以上がウガンダへ避難しました。

セクション見出し

長年紛争に苦しむコンゴ民主共和国(以下コンゴ)では、武装勢力等による略奪や拷問、性的暴行などの著しい人権侵害が止まず、約450万人が国内で避難を強いられています。

 

今年5月にも武装勢力による暴力行為が激化し、多くの人々が着の身着のままウガンダ国境へ逃れました。新型コロナウイルスの影響で国境を閉鎖していたウガンダ政府ですが、7月に国境を一時的に開き、3日間で3,000人以上がウガンダへ避難しました。

 

UNHCRは、パートナー機関と連携して被害者のカウンセリングなど心のケア、医療介入、法的支援などを行うとともに、啓発活動を通じ「性的暴力はいかなる場合も許されない」等のメッセージを、女性たちだけでなく、コミュニティのリーダーの男性たちや一般の人々に対して広げています。

 

また、部族間対立の遠因が、水をはじめとする資源の確保が原因となることを鑑み、対立を激化させないよう、コミュニティ全般にわたる資源増補を目的とした支援にもあたっています。

画像
画像キャプションテキスト
セクション見出し

長年紛争に苦しむコンゴ民主共和国(以下コンゴ)では、武装勢力等による略奪や拷問、性的暴行などの著しい人権侵害が止まず、約450万人が国内で避難を強いられています。

 

今年5月にも武装勢力による暴力行為が激化し、多くの人々が着の身着のままウガンダ国境へ逃れました。新型コロナウイルスの影響で国境を閉鎖していたウガンダ政府ですが、7月に国境を一時的に開き、3日間で3,000人以上がウガンダへ避難しました。

 

UNHCRは、パートナー機関と連携して被害者のカウンセリングなど心のケア、医療介入、法的支援などを行うとともに、啓発活動を通じ「性的暴力はいかなる場合も許されない」等のメッセージを、女性たちだけでなく、コミュニティのリーダーの男性たちや一般の人々に対して広げています。

 

また、部族間対立の遠因が、水をはじめとする資源の確保が原因となることを鑑み、対立を激化させないよう、コミュニティ全般にわたる資源増補を目的とした支援にもあたっています。

画像
画像キャプションテキスト
画像キャプションテキスト
画像キャプションテキスト
画像キャプションテキスト

皆様のご支援でできること

11,000円 のご支援が
豪雨と洪水から住まいを守るために補強するモンスーン対策キット
24,000円 のご支援が

約50日分の
栄養補助食品
6人分

60,000円 のご支援が
モンスーン対策キットと
石鹸
5家族分
※1ドル=106円換算
UNHCR(国連高等難民弁務官事務所)は、 難民の命を守り、保護する機関です。
ルワンダ難民を訪問する緒方元高等弁務官
ルワンダ難民を訪問する緒方元高等弁務官
UNHCRは、シリア・アフガニスタン・南スーダンなど世界中で家を追われた難民・国内避難民を支援・保護し、水や食料毛布などの物資の配布や、難民キャンプなど避難場所の提供、保護者を失った子供の心のケアなど、最前線で援助活動に尽力しています。1991年から10年間、緒方貞子さんが日本人として初めてUNHCRのトップである国連難民高等弁務官を務めました。 
※紛争や迫害などのため命の危険があり、国外へ逃れた人を「難民」、国内で避難している人を「国内避難民」と呼びます。

よくあるご質問

Q 寄付は、寄附金控除の対象になりますか?
A はい、ご寄付は税控除(税制優遇)の対象となります。お送りする領収証は、確定申告にご利用いただけます。
Q UNHCR駐日事務所と国連UNHCR協会はどのような関係にあるのですか?
A UNHCR駐日事務所は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が、現在世界約130か国に置く事務所のひとつであり、主に日本政府との窓口を務めています。国連UNHCR協会は、スイス・ジュネーブのUNHCR本部やUNHCR駐日事務所と連携して、日本における公式支援窓口として活動しています。
Q 毎月の寄付の金額は自由に決められますか?
A はい、月々1,000円以上であれば、500円単位で任意の金額をお選びいただけます。
Q 寄付はどのように使われますか?
A ご寄付は世界中で支えを待つ難民のために大切に使わせていただきます。難民支援のための予算は、重大性・緊急性などを考慮して配分されます。
Q 支援を停止する場合はどうすればいいですか?
A ご支援金額の変更や停止はいつでも可能です。0120-540-732(通話料無料)または、「毎月寄付の金額・寄付方法の変更、解約」ページよりお手続きをしていただけます。
皆様からのご寄付によって 多くの命が助かります。
水・食糧の供給から住居、医療、教育まで、長期的に難民を 支えるには、毎月のご支援が欠かせません。ぜひ、ご検討ください。
水・食糧の供給から住居、医療、教育まで、長期的に難民を 支えるには、毎月のご支援が欠かせません。ぜひ、ご検討ください。
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する