緊急 シェルターが、足りない

家を失った人々の命と安全を守るために、どうぞご協力ください

2024年も世界では戦争や迫害が続き、日本の総人口とほぼ変わらない、1億1000万人以上の人々が故郷を追われています。今この瞬間にも、ウクライナや中東など戦闘の続く国々、地震で被災したトルコ・シリアやアフガニスタン、今も戦闘が続くスーダンなど、世界で多くの人々が家を失い苦しんでいます。

難民・国内避難民にシェルターを提供することはUNHCRの最も重要な任務の一つですが、深刻な資金不足で提供が追いつかず、多くの家族が間に合わせの仮住まいで雨露をしのいでいます。シェルターは、家を失い苦しんでいる人々の命と安全を守り、心身の傷を癒し、尊厳を取り戻す大きな意味を持ちます。一人でも多くの方に支援を届けるために、どうぞUNHCRの難民支援にご協力ください。

家を焼かれ、夫を失って。それでも、私たちは生きていく。

スーダン難民 ゼイナブさんの物語

ゼイナブさん

2023年5月、スーダンの私たちの家に武装した男たちがやってきて、銃で夫と義理の兄弟たちを撃ちました。夫はお腹を撃たれて亡くなり、数日後に5人の兄弟も死にました。
そして、私たちの家も近所の家もみな焼き払われたのです。
私は子どもたち2人と、どこへ行けば良いか分からないまま、隠れながらさ迷い歩きました。


避難する様子

戦闘が激しくなる中、親戚が私と子どもがチャドへ避難する車の料金を工面してくれました。
食べ物も水もほとんどない、苦しい旅でした。
旅の途中で、武装した男が車を止め、私だけが降ろされました。
「金を払わなければ殺す」と言うのです。
渡せるものは何もなく、子どもたちは泣いていました。
その時、運転手が間に入って、お金を払ってくれました。
私は彼のおかげで命が助かったのです。


ゼイナブさんたちのシェルター

チャド国境へ着いた時、私たちは何日も食べていませんでした。 当初は夫が殺された時の悪夢を見たり、絶えず涙がこぼれ、気が狂いそうな思いでした。
国境は過密状態でしたが、数週間後に難民キャンプへ移ることができました。
支援には本当に感謝しています。
シェルターもなく、寝るマットやトイレもなかったのですから。
家や毛布、蚊帳も受け取り快適になりました。
今後は働いて、他の人に頼らずに生活したい。
子どもたちには教育を受けてほしいと願っています。

UNHCRのシェルター支援

私たちにとって、「家」とは何でしょうか。
住む場所、食べる場所、家族とくつろぐ場所、帰る場所、眠る場所……。
生きる上で、すべての基盤となる場所と言えるかもしれません。
難民にとって「シェルター」は、そうした役割を果たす、重要な意味を持っています。

緊急支援「まず、命を救う」

アフガニスタン地震で被災した母子
  • 一時滞在センター、集合シェルターの設置
  • 国境から難民キャンプ等への移送
  • 難民・国内避難民キャンプの設置・運営
  • 緊急シェルターの提供
  • 毛布、防水シート、ソーラーランタン等の配布

2023年10月、アフガニスタン・ヘラート州で大地震が発生した日、フマイラさんは朝に出産しクリニックから帰宅したばかりでした。赤ちゃんを抱いたまま土埃にまみれ、うずくまる彼女を見つけたのは家族でした。家は壊れ、その後2~3週間、一家は屋外で毛布とビニールシートだけの生活に。虫が入り込み、床や毛布は濡れて寒く、赤ちゃんはいつも泣いていました。その後、一家はUNHCRからテントや物資を受け取りました。「この新しいテントで、もっとスペースもでき暖かくなるでしょう」とフマイラさんは安堵しています。

中長期支援「長引く避難生活に対応」

スーダン難民の母子
  • 中長期の生活に適切なシェルターの提供
  • 老朽化したシェルターの補強・改修支援
  • 洪水や地震など災害に弱い場所で暮らす難民の移転のサポート

ブナイナさん(26歳)は、2023年にスーダンから子どもたちとチャドに逃れてきました。最初の4か月は、国境の間に合わせのシェルターで暮らすことを強いられました。その後、UNHCRの支援でチャドの難民キャンプに移動し、難民住居ユニット(RHU)の提供を受けました。ブナイナさんは、離ればなれになっている夫とも一緒に暮らせるよう願いながら、家の周りにフェンスや炊事スペースを作り準備しています。
※Refugee Housing Unit の略。より耐久性、安全性にすぐれ、カギもかけられるシェルター

都市部での支援「誰も取り残さないために」

ウクライナでシェルター支援を受けた男性
  • 爆撃で破壊された家屋の修復支援(シェルターキットの配布)
  • 集合避難所の整備(物資の供給、防寒用の改修、発電機の提供など)
  • 難民、国内避難民が家を借りるサポート、 家賃の補助

ウクライナ南部クリヴィーリフに住むセルヒーさん(57歳)の家は、2024年1月にミサイル攻撃を受けました。「何が起こったか分からず、必死でした。窓とドアが吹き飛ばされ、隠れようとして足をけがしました」。「生きているのは奇跡です。わずか数十秒の差でした。家はひどく壊れ、とどまることはできませんでした。外はマイナス10度で、屋根も窓もドアもないんです」。UNHCRから迅速に緊急シェルターや援助物資、心のケア等の支援を受けたセルヒーさんは、少しずつショックから落ち着き、家の再建を始めています。

「世界中でシェルターが大幅に不足しています。命を守るために、どうかご協力ください」

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所) 佐藤重臣 職員

佐藤職員

今この瞬間に「家がなくなった、宿泊施設もない、車もない、なんにもない」という状態で放り出されたら困りますよね。雨露がしのげない、夜は冷え込んで健康に問題が出る。栄養状態も悪く、医療機関もないので風邪をひいても危ない。財産も、誰に持っていかれるか分からないので置いておけない。そして、いつ何時、誰に襲われるかも分からない……。

衣食住とはよく言ったもので、「それがないと始まらない」のがシェルター。食料や服と同じくらい大切です。シェルターがあれば、まず人々がどこにいるか分かるので、UNHCRも支援がしやすい。配給された食料もためて置いておけます。すべてのベースになるのが「シェルター」。シェルター自体がプロテクション(保護)なのです

難民がありもので作った住まい
スーダンからチャドへ逃れてきた難民がありもので作った住まい

2023年4月にスーダンで紛争が始まってから、世界各地からのご支援により11月中旬までに約21万人分のシェルターを作ることができました。しかし、その時点でもまだ足りていなかったし、今も引き続きスーダンから人々が逃れています南スーダン、エチオピア、中央アフリカ、どこに行ってもシェルターが足りていません。シェルターは世界的にニーズが大きいのに、資金がつきづらい支援の一つなんです。
※チャドにはスーダンから54万人以上が避難し、最大の受入国となっている(2024年2月時点)

(シェルターがない人は)「トランジットセンター」に一時的に滞在します。日本では体育館に避難したりしますが、その大きなテント版です。ないよりははるかにましですが、皆と一緒なので、プライバシーが保たれないのが課題です。チャドのバガソラの場合は、難民キャンプの中にトランジットセンターがありました。ただの大きなテントで雑魚寝です。トイレもないし当然シャワーもない。井戸やトイレは難民キャンプの中に点在しているものを使っていました。あとは、「ありもので作る」のが一番多いです。サイズ感でいうと「かまくら」。木とか藁で作って、その上に服などを乗せて。でももろくて、風が吹いたら吹っ飛んですぐ壊れます。スペースも足りないし、壊れては直すの繰り返し。それに時間を取られて他のことができません。

緊急シェルター
最初に提供される「緊急シェルター」

UNHCRは難民に関係することは基本的になんでもやらなければならないし、やれるキャパシティがあると思います。UNHCRは、難民問題であればそれがどんな分野であれ、それをどうにかするために動かなければならないんです。

皆様のご支援のおかげで、家を追われた多くの人々の命をつなことができており、心より感謝申し上げます。難民・国内避難民という存在は、日本では必ずしも身近ではないかもしれません。しかし、地震や災害によって家を追われている方々は日本にも多くいらっしゃいます。理由は違えど、家を追われ、大事なモノや大切な人をも失う悲しみは、日本人にとっても容易に想像がつくのではないでしょうか。同じような悲しみや苦しみを抱えている人々がいることに思いをはせていただき、可能な範囲内でご支援いただいたり、その輪を広げていただければ幸いです。

UNHCR(国連高等難民弁務官事務所)は、 難民の命を守り、保護する機関です。
緒方貞子さんとルワンダ難民
ルワンダ難民を訪問する緒方元高等弁務官
UNHCRは、シリア・アフガニスタン・ウクライナなど世界中で家を追われた難民・国内避難民を支援・保護し、水や食料、毛布などの物資の配布や、難民キャンプなど避難場所の提供、保護者を失った子どもの心のケアなど、最前線で援助活動に尽力しています。1991年から10年間、緒方貞子さんが日本人として初めてUNHCRのトップである国連難民高等弁務官を務めました。 
※紛争や迫害などのため命の危険があり、国外へ逃れた人を「難民」、国内で避難している人を「国内避難民」と呼びます。
ウクライナでシェルター支援を受けた男性

「私たちは苦しんでいます」

6人の子どもを連れ、チャドから30キロ歩いて中央アフリカ共和国へ避難してきたヘレネさんはこう語ります。
「私たちは苦しんでいます。昨日はテントに雨が入って眠れませんでした。
飲み水や食べ物、ベッド、健康に必要な物がある家を夢見ています。
子どもたちには学校に通わせたいです。私とは違い、まだ間に合います。
もしできることなら、今すぐここを出たいです。
私たちはここでは暮らせません」

あなたの支援を、待っている人がいます。

今も世界各地で、多くの人々が家を追われ、過酷な状況の中で支援を待ち続けています。人々の命と尊厳を守り希望をつなぐために、お力をお貸しいただけないでしょうか。家を失った人々の命と安全を守るために、どうぞご協力ください。

難民に、シェルター支援を届けよう
あなたのご寄付でできること

>> 毎月のご支援の増額のお申し込みはこちら

テントの側に立つ母子
「まず、大切な命を守る」家族用テント

家を追われた家族の 緊急シェルターと援助物資

30,000円(約1家族分)毎月7,500円(約3家族分)

丈夫でUV加工され、風雨や暑さ・寒さに強いUNHCRのテント。5人家族が暮らせるスペースがあります。軽量で運搬しやすく、難民が自身で組み立てられるよう作られています。

スーダン・南ダルフールの難民キャンプで、UNHCRのテントを受け取った中央アフリカ難民の母子

ウクライナで家の修繕をする女性
「家を自分で修理できる」シェルター修復キット

破壊された 家の修復キットと毛布(ウクライナ)

20,000円(約1家族分)毎月5,000円(約3家族分)

壊れた家やシェルターを自身で修理するためのキットです。壊れた天井や窓を覆う防水シート、ロープや木材、工具などを提供します。
※地域やニーズに合わせてキットの内容は変わります

爆撃で市民の住居が破壊されたウクライナ・ハルキウ州の村で、緊急シェルターキットを受け取った女性

ソーラーランタンを使うロヒンギャ難民の少女
「避難生活の必需品」ソーラーランタン

電気がない避難先の夜も安心な ソーラーランタン

15,000円(約4個分)毎月3,000円(約10個分)

電気のない環境でも安心して生活できるソーラーランタンなど、避難生活に欠かせない物資を提供します。

ミャンマーからバングラデシュに避難し、ソーラーランタン等を受け取ったロヒンギャ難民の少女

防水ビニールシートで保護されたシェルターの横に立つスーダン難民の男性
「雨漏り・すきま風を防ぐ」防水シート

壊れた天井や窓を覆う 防水シート

10,000円(約4枚分)毎月1,500円(約7枚分)

シェルターを覆い、風雨や吹雪、砂嵐など過酷な環境から家族を守る、UNHCRの支援に欠かせないアイテム。爆撃や災害で壊れた家の壁やドア、窓の修復用にも世界各地で配布しています。

チャドでシェルターの提供を受けたスーダン難民の男性。壁や出入口にも防水シートを使用している

※1ドル=149円換算、毎月ご寄付は1年続けていただいた場合

  • 当協会へのご寄付は、税控除(税制優遇)の対象になります。お送りする領収証は確定申告にご利用いただけます。
  • ご支援者の皆様にはメールニュース、活動報告等を送らせていただき、難民支援の「今」、そしてUNHCRの活動を報告させていただきます。
  • Webでご寄付いただく際の皆様の個人情報はSSL暗号化通信により守られております

*皆様のご支援は、UNHCRが最も必要性が高いと判断する援助活動に充当させていただきます。

皆様からのご寄付によって 多くの命が助かります。
水・食糧の供給から住居、医療、教育まで、長期的に難民を 支えるには、毎月のご支援が欠かせません。ぜひ、ご検討ください。
水・食糧の供給から住居、医療、教育まで、長期的に難民を 支えるには、毎月のご支援が欠かせません。ぜひ、ご検討ください。
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する