UNHCRは難民支援の現場で、さまざまな形で「食」にまつわる支援を展開しています
命をつなぐ大切な「食」の支援を一人でも多くの難民・避難民へ届けるために、皆様のご支援が必要です

難民・避難民の多くは、紛争や自然災害などの直接的な要因ではなく、それに付随し発生した食料危機や水不足などの間接的な要因によって命を落としていることが多いことをご存知でしょうか?

緊急事態において食料危機が発生した場合、人々は急性栄養失調や発育不良などに苦しむだけではなく、、食料を得るために児童労働や児童婚などの負の対処法に頼らざるを得なくなります。国連の統計によると、新型コロナウイルス感染症の世界的流行やウクライナでの戦争による影響で、世界で深刻な食料危機に直面している人々は3億4500万人にのぼると推測されています。

また命がけの避難や、過酷な避難生活の中で難民と避難民が生きていくために、食料支援は不可欠な支援の一つです。UNHCRは緊急事態や人道危機において、発生から72時間以内に緊急チームを派遣し、命をつなぐ食料やシェルターなどを届ける支援を行っています。そして避難生活が長期化しても難民・避難民を支えられるよう、多岐にわたる支援を実施しています。

避難する家族の67%が飢餓の危機「世界最悪の人道危機」イエメン

イエメンでは、紛争の激化により約430万人以上が国内避難民となり、2340万人以上が人道支援を切実に必要としています。国内避難民の約80%は、女性や子どもです。 また近年では気候変動による大洪水や干ばつの影響で作物が育たず、何百万人ものイエメンの人々の飢餓の危険にさらされています。かつてないほどの大規模な飢饉が国内で発生する可能性があるほど状況は深刻であり、何万人もの人々がすでに飢餓状態で生活をしています。

 

「ミルクが、ないんです。」

深刻な食料危機に直面しているイエメンから避難してきた生後7か月のアナスくんは、深刻な急性栄養失調に苦しんでいます。アナスくんの両親は命からがら避難した後、生計を立てられないまま食料を買うのもやっとの状況です。アナスくんの母は身体が弱く、母乳を与えることができません。 アナスくんの住むキャンプでは、約100人の子どもたちが同じように急性栄養失調に苦しんでいます。移動診療所の医療スタッフによると、イエメンでは栄養失調の子どもを治療するために届けられた栄養食を、家族全員で分け合って食べている家族もいるほど、危機的な状況に瀕しています。

 

「食べ物がないときは、パンとお茶だけでしのいでいます。」

そう語る避難民のサフィアさんは、爆撃から逃れるためにたどり着いたイエメンのタイズの避難先で、子どもたちと共にパンを食べています。サフィアさんは避難するため、家族で9人の子どもと病気の夫を連れて、5キロも歩きました。イエメンでは急激な価格高騰のため、食料品などの生活必需品を手に入れることさえも難しい環境にあります。そのため、食料を求めて子どもたちが物乞いなどの児童労働に従事することが多く報告されています。

危機勃発後72時間以内に緊急チームを派遣

カメルーンで発生した水資源を巡る衝突により、約10万人が国境を越えてチャドへと避難を余儀なくされました。現在も約4万人がカメルーン国内避難を強いられ、人道支援を必要としています。

UNHCRは、この緊急事態にどの支援団体よりもいち早く緊急支援として、人々に20万3000食の温かい食事を提供しました。また毛布などの緊急支援物資や医療サービス、シェルターなども、必要としている人々に届けられました。

現金給付支援を通じた難民への食料支援
「現金給付支援はとても重要です」
そう語るアハマドさんは、昼食に1枚のパンを9人で分け合って食べています。
アハマドさんは、妻と子どもたちを連れてジャララバードの自宅から避難し、現在はカブールにある仮設住居で暮らしています。過酷な避難生活で生計を立てることもままならない中で、アハマドさんは現金給付支援の重要性を語ってくれました。「食べ物や子どもの服を買うために、支援金が必要なんです。」
UNHCRは、食料を含む難民の様々なニーズに対応できる現金給付支援に力を入れています。
難民の栄養状態の管理
中央アフリカ難民孤児のエイメくん(4歳)は、2年前の政府軍と武装集団の衝突により、祖母と共に中央アフリカの家からコンゴ民主共和国へと避難を余儀なくされました。
「食料が尽きたので、孫はまだ何も食べていません。私たちにはもう何も食べるものがありません。」
生計の手段がないため、2人は1日1食を食べるのがやっとの状況にあります。UNHCRは難民の栄養状態の管理を行い、栄養補助食品を提供するなどの支援を行っています。
紛争下でも届ける、食料支援
ウクライナ西部のハンガリーやスロバキアとの国境近くにあるザカルパート州で、激しい攻撃により家を追われた約500人に食料セットと水、衣類などの支援物資がUNHCRとパートナー団体によって届けられました。

このプロジェクトはSDGs達成に向けた取り組みの一部です

避難先において、食料や安全な飲み水が得られる環境づくりを重視しています。また、栄養不足や疾病への対応として、早期検診や栄養補助食品の配布などを行います。

 

UNHCR(国連高等難民弁務官事務所)は、 難民の命を守り、保護する機関です。
ルワンダ難民を訪問する緒方元高等弁務官
ルワンダ難民を訪問する緒方元高等弁務官
UNHCRは、シリア・アフガニスタン・南スーダンなど世界中で家を追われた難民・国内避難民を支援・保護し、水や食料、毛布などの物資の配布や、難民キャンプなど避難場所の提供、保護者を失った子どもの心のケアなど、最前線で援助活動に尽力しています。1991年から10年間、緒方貞子さんが日本人として初めてUNHCRのトップである国連難民高等弁務官を務めました。 
※紛争や迫害などのため命の危険があり、国外へ逃れた人を「難民」、国内で避難している人を「国内避難民」と呼びます。

皆様のご支援でできること

毎月2,000円(1日約67円)

1年で、緊急の食料を購入できる

現金給付支援(6人分)

 

 

毎月3,000円(1日100円)

1年で、子どもを栄養失調から救う

1か月分の栄養補助食品(10人分)

毎月5,000円(1日約167円)

1年で、十分な量と質の食料支援

(59人分)

※1ドル=112円換算

  • 当協会へのご寄付は、税控除(税制優遇)の対象になります。お送りする領収証は確定申告にご利用いただけます。
  • ご支援者の皆様にはメールニュース、活動報告等を送らせていただき、難民支援の「今」、そしてUNHCRの活動を報告させていただきます。
  • Webでご寄付いただく際の皆様の個人情報はSSL暗号化通信により守られております

*皆様のご支援は、UNHCRが最も必要性が高いと判断する援助活動に充当させていただきます。

皆様からのご寄付によって 多くの命が助かります。
水・食糧の供給から住居、医療、教育まで、長期的に難民を 支えるには、毎月のご支援が欠かせません。ぜひ、ご検討ください。
水・食糧の供給から住居、医療、教育まで、長期的に難民を 支えるには、毎月のご支援が欠かせません。ぜひ、ご検討ください。
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する