活動地域
南スーダン
南スーダン全土への紛争の拡大により人は住む家を追われています。避難所の衛生状態も悪く、食料も不足し、世界で最も急速に深刻化する人道危機といわれています。

200万

国内で避難している人


610万人

食料支援を必要としている人


86万人

急性栄養失調を患う5歳未満の子ども


南スーダン危機について

2011年、長い戦闘を経て独立し、世界で一番新しい国となった南スーダン共和国。しかし、2013年12月には再び民族対立が始まって以降は、内戦状態となり、2016年7月に政府と反政府勢力との間で新たな衝突が発生してから、緊張状態が続き、アフリカ最大規模の難民危機と称されるようになり、今では、世界有数の難民発生国となっています。

南スーダンからの難民は、ウガンダをはじめ、周辺国のエチオピア、スーダン、ケニア、コンゴ民主共和国に、中央アフリカ共和国の貧しいコミュニティが受け入れており、物資がひっ迫しています。 周辺国に逃れた難民からは、政府と反政府勢力の衝突の激化、誘拐、レイプ、武装組織への恐怖などが報告されています。

南スーダンにおけるUNHCRの主な援助活動

緊急救援活動

シェルターをはじめ、水やマットレス、毛布、食料、調理器具など生活必需品の提供。

保健

避難してきた子どもや妊産婦への栄養失調の検査。クリニック開設・運営。

保護サービスの提供

性的暴力の被害者への心身のケア、保護者と離ればなれになった子どもの保護、再会支援など。

現金給付

難民の各家族のニーズに沿った利用が可能となる現金給付の実施。

南スーダンの問題について、 さらに理解を深めましょう。

皆様の毎月のご寄付が
難民の未来を力強く支えます

「国連難民サポーター」として月々一定額のご寄付を続けていただくことにより、常に物資を準備して、緊急事態に備えることができるだけではなく、長期の資金計画が必要な、水・食料の安定供給や、学校教育や自立支援など難民の支援を進めることができます。
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する