活動地域
サヘル地域
アフリカのサハラ砂漠の南側に広がるサヘル地域(ガンビア、セネガル、チャド、ニジェール、ブルキナファソ、マリ、モーリタニア)では少なくとも350万人以上が人道支援を切実に必要としています。

180万人

国内避難民(2020.10)


11.4万人

必要不可欠な医療サービスを受けた人(2020.10)


3.4万人

性と生殖に関する医療サービスにアクセスした女性と少女の数(2020.10)


サヘル地域概要

西アフリカのブルキナファソ、マリ、そしてニジェールを含むサヘル地域は、世界で最も急速に拡大している人道危機のひとつですが、最も忘れられている危機でもあります。ここ日本のみならず世界でも大きく報じられることがない危機です。

サヘル地域はサハラ砂漠の周辺の乾燥した地域です。気候変動の影響にさらされ、地球温暖化により約80%の農地が退化し、常に食料難と水不足にあえぎ、世界で最も貧しい国々となっています。

 

武装集団などによる攻撃、ジェンダーに基づく暴力や子どもに対する暴力を含む人権侵害、気候変動など様々な要因により、この地域全体から多くの人々が避難を余儀なくされています。近隣諸国に影響を及ぼしており、ベナン、コートジボワール、ガーナ、トーゴにまで波及するリスクがあります。

 

そして、新型コロナウイルス感染症の拡大は、さらなる大混乱をもたらすリスクがあります。これまでのところ、ロックダウンやそのほかの予防措置により、難民や国内避難民を受け入れている地域の経済や食料不安が悪化して貧困に陥り、多くの難民が急性栄養失調に苦しんでいます。

UNHCRのサヘル地域における主な援助活動

難民登録

難民があらゆる援助や医療サービスを受けるために必要となる難民登録の手続きを行っています。難民登録をすることによって発行される証明書は難民に人権と尊厳ある生活を提供します。

緊急援助物資の提供

生きていく上で必要不可欠な食料や水のほか、女性が衛生と尊厳を保つための衛生キットを配布するなど、難民が衛生的な環境で生活できるよう支援しています。

シェルター支援

UNHCRは暴力と貧困に苦しめられている地域で窮地にある難民が安心して生活できるようシェルター支援を行っています。

サヘルの問題について、 さらに理解を深めましょう。

皆様の毎月のご寄付が
難民の未来を力強く支えます

「国連難民サポーター」として月々一定額のご寄付を続けていただくことにより、常に物資を準備して、緊急事態に備えることができるだけではなく、長期の資金計画が必要な、水・食料の安定供給や、学校教育や自立支援など難民の支援を進めることができます。
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する