活動地域
新型コロナウイルス感染症
新型コロナウイルスの世界的流行に伴い、清潔な水や石けん、手洗い場が十分にない上に、過密で不衛生な環境での生活を強いられている難民に、危機が迫っています。

7,950万

世界で故郷を追われた上、感染症のリスクにさらされている人々の数


134か国

新型コロナウイルスの国内感染が報告された難民受け入れ国の数


216か国

新型コロナウイルスの影響を受けている国・地域


新型コロナウイルス感染症について

難民のために支援活動を続けてきたUNHCRだからこそできる支援は、感染症対策の現場でも活かされています。UNHCRは、新型コロナウイルスから難民・国内避難民などを守るため、各国の対応を率いる政府と密接に連携しています。それぞれの国の予防・対応策にすべての人が含まれるよう促し、医療、水、衛生などのサービスの強化に取り組んでいます。

新型コロナウイルス感染症におけるUNHCRの主な援助活動

緊急救援活動

シェルター設備や主要な緊急援助物資の配布。緊急支援物資の空輸や隔離エリアの設置など、可能な限り受け入れコミュニティでの公衆衛生の対策強化。安全な水の確保、医療システムの整備、衛生用品の配布。感染地域のモニタリング。手洗い、ソーシャル・ディスタンス、感染者の隔離、医療へのアクセスなどに関するガイダンスや信頼性のある情報の提供。

保護

ロックダウン等の影響で国境が閉鎖がされても、故郷を追われ避難する人々が適切に保護され、彼らの人権が尊重されるよう受入国等に周知。またロックダウン後、増加傾向にある性暴力の被害から難民を守るため、戸別訪問やオンライン相談窓口の設置。

現金給付

ロックダウンの影響で収入源を失った難民を対象とした現金給付支援の実施。

UNHCRの新型コロナウイルス感染症に対する取り組みについて理解を深めましょう。

 

皆様の毎月のご寄付が
難民の未来を力強く支えます

「国連難民サポーター」として月々一定額のご寄付を続けていただくことにより、常に物資を準備して、緊急事態に備えることができるだけではなく、長期の資金計画が必要な、水・食料の安定供給や、学校教育や自立支援など難民の支援を進めることができます。
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する