国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援の現場から/最新ニュース

サハラウィの女性が新しい自動車学校で車に乗る
若い女性に力をつけるため、サハラウィの姉妹がアルジェリアの奥地にあるダフラキャンプで女性専用自動車学校の開校を計画している

女性専用自動車学校創設者のマナ(左)とガリア(右)が誇らしげに車の隣に立つ

教育者の決意

ティンドゥフ(アルジェリア)、2016年4月27日 ― マナ・ムスタファ(22歳)が急に産気づいた時、姉のガリアと病院に行くのは大変ではありませんでした。近所の人が車に乗せてくれました。しかし、サハラ砂漠を超え、必要な新生児用品を取りに行くのはひと苦労でした。

 
「突然家を出たため、病院に物を持ってくる時間がありませんでした。赤ちゃん用の寝具、服、おむつが全くない状態でした」とマナは説明します。

 
ガリア(31歳)は車を運転できないので、必用品を取りに行くためにダフラキャンプ内の家までの数キロメートルを歩く選択肢しかありませんでした。しかし、歩いて病院に持っていくには荷物が大きすぎたので、他の多くのサハラウィの女性のように運転できないガリアは、病院に行く車に乗れるまで何時間も待たねばなりませんでした。

女性専用自動車学校の始まり

しかし、マナとガリアはフラストレーションと無力さに身を委ねる代わりに、思いを行動に移しました。姉妹は車を運転できなかったこの経験につき動かされ、ダフラに女性専用の自動車学校を創設する計画を考えつきました。保守的なサハラウィの人たちの態度は変化しつつありますが、ダフラの女性が車を運転するのはまだ珍しいことなのです。

 
「サハラウィの女性が車を運転する必要性は地域の人に認識されているため、女性は運転できないものだという感覚はすでに変化しつつあります。多くの家庭で男性が家にいることが少なく、移動手段として女性が他の人に頼らざるを得ません」とガリアは語りました。

 
1970年代半ば以降、西サハラ地域の戦闘を逃れるため、何万人ものサハラウィがアルジェリア南西部にある5つのキャンプに住み着きました。ダフラはそのひとつです。40年を経た現在でも、UNHCRは人道的支援を必要としている弱い立場にあるサハラウィ難民9万人を支援し続けています。

 
長引いている避難生活と先の見えない将来は、ガリアやマナのような難民キャンプで生まれ育った若者のフラストレーションを高めています。ダフラは人口密度が極めて低いティンドゥフから最も離れている孤立したキャンプであるため、その不満はさらに悪化しています。

自動車学校はサハラウィ女性の未来への希望

2015年末頃に、ガリアとマナがキャンプのもう2人の女性と共に提案した企画は、UNHCRと国際協力団体のOXFAMベルギーが選ぶ、若者に権限を与え、地元愛を育成するプロジェクトのひとつとして選定されました。この計画は2016年の秋から開始する予定になっており、UNHCRとそのパートナーによる指導や訓練を受けながら、サハラウィの女性たち自身で発展させていきます。

 
「自動車学校はサハラウィ難民、特に素晴らしい発想力を持ち、自分たちに必要なものを理解している若者の生活向上につながる、ふさわしい企画です」とイサベル・セレス・ザラゴジUNHCRティンドゥフ事務所長が説明しました。

 
「UNHCRは人道支援パートナー組織と共に、食糧、水、そして医療といった基本的ニーズに対応しています。今後はコミュニティを活性化し、持続可能な暮らしを実現するプロジェクトを創る機会に投資しても良いと思っています。将来を担う若者のためにもなると考え、過去数年来、このような活動を始めてきました」と彼女は付け加えました。

 
マナはこの自動車学校の所長を務め、ガリアはそのアシスタントになります。2人は最初の8か月間に100人の女性を生徒として受け入れる予定で、教官はすでに決まっています。学校が開校したら、さらに5人を雇用する予定です。

 
OXFAM向けにこれらの若者プロジェクトをたばねているモハメド・アブデルヘイ自身もサハラウィ難民です。「若い世代はキャンプの外でたくさんの教育を受け、経験を重ねています。しかし、特技を建設的に生かすことや自分の能力に気づく機会がありませんでした。社会的ニーズへの対処を目的としたプロジェクトを設立すれば、若者にこの機会を与えられます」と彼は述べました。

 
卒業した生徒が車を運転している姿を想像した時の気持ちを聞かれたマナはこう答えました。「私はとても嬉しい気持ちになると思います。女性が他人に頼らずに自由に移動できるようになりますから。」

 
By Russell Fraser in Tindouf, Algeria.

 
詳細はこちら(英文)
Sahrawi women to get behind the wheel at new driving school

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する