国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援の現場から/最新ニュース/未分類

イラク・モスルでの戦闘による破壊に囲まれながらも、生活を再建する住民たち
避難していた住民たちは、東の地域に戻り、戦闘で破壊された家々を直し、店や仕事を再開させました

イラクのモスル東部で、破壊された家の外に立つ、ラバー・モハメド・アリとその家族

モスル(イラク)2017年7月10日 ― モスルを巡る戦闘が2016年まわりに迫ってきた時、ラバー・マフムード・アリと彼の家族は武装した戦闘員によって、家から追い出されました。

 
イラク軍が支配権を取り戻した後、家に戻ると爆撃によって屋根と1階部分がひどく損傷し、家財品は盗まれ、全ての窓が粉々になっていました。しかし、かつての生活を取り戻すと決心し、アリはいくらかのお金を借りて、家の修復チームを組みました。

 
「すべての建築工事のためにお金を借りなければなりませんでした」と彼は言います。「しかし、将来については楽観的です。」

 
イラク政府は7月9日にモスルで勝利宣言をしました。58歳の体育の教師は、家に帰りお店や仕事を再開して元の生活を取り戻し、ぼろぼろになったイラク第2の都市で暮らすと決意した数千人の人々の中の1人です。

【動画】イラク北部 ― モスル帰還民は希望を取り戻している(英語)

イラク政府が発表したデータによると、2016年10月にイラク軍が街を取り戻すための軍事作戦を開始してから、老若男女含めた17万6,150人が、モスル東部から避難していました。しかし、軍が支配権を取り戻すと、90%の避難住民、つまり15万7,341人が、元々住んでいた場所に帰りました。

 
2014年に戦闘員たちがモスルを占拠したとき、彼らは学校を閉鎖するか統制して、新たなカリキュラムを実施しました。ほとんどの保護者は、過激派の影響で自分の子どもたちが洗脳されることを恐れ、学校に行くのをやめさせました。しかし今瀬は、地元の学校は通常に戻っています。

「私たちは皆、モスルが復興することを願っています」

アリはもう一度教えることを嬉しく思い、生徒たちは勉強の機会を取り戻すことを切望していたと言います。

 
「私の目には今、良い生徒になって、学んでいこうと心に決めた生徒たちが見えます」と彼は言います。「それはまるで新たな人生を始めているかのようです。」

 
激しい戦闘がモスル西部の多くの道を破壊しました。しかし、東側の被害はそれほどではありませんでした。アル・カドラの近辺では、大半の家庭が元の住まいに戻り、家庭と仕事の立て直しにかかっています。

モスル東部の戦闘で破壊された家やお店が並ぶ辺りを歩いて通る子ども

正常に戻った地域では、人口は2倍になったと、Mercy HandsというUNHCRのパートナー団体のスタッフは言います。多くの新しい到着者は、難民キャンプに向かうよりも、東側モスルの親戚や友人のもとに来ることを選んだモスル西部の人たちです。

 
東部モスルに避難した人の中に、かつてレストランを経営していたタイサー・モハマド・マフムードという人がいますが、最近妻と2人の子どもと弟と母親と共に到着しました。

 
モハマドは、家族は元々戦闘員によって人間の壁として使われた旧市街出身で、他の場所に移動を強いられそこで5か月間、他の10家族と共に地下で暮らしていたと言います。

 
「ここにいられることは神様のおかげです。私たちは新たな誕生を祝います。そして初めてしたことの一つは、髭剃りです」と、戦闘で家を失ったモハマドは言います。「しかし私たちには助けが必要です…故郷に帰り、生活と仕事を立て直すための助けが…。」

「私たちは今、様々な場所にばらばらに生活していますが、ここに戻ってきて一緒に暮らしたいです」

東部モスルでは、カフェや水タバコ屋さん、家具屋さんや美容院など、たくさんの店や市場が再開しました。1つの道角で、修復中の現場に一群人々が集まりました。

 
「私たちは4つの店を再建し、後ろに家族の家を建てる予定です」とアヤド・アーメド・アリは言います。

 
「かなりお金がかかるでしょう、おそらく20億イラクディナール(1,700万円)ほど。そして私たちは借金をすることになるでしょう。でも私たちの大家族は5家族で構成されています。今は、色々な場所でばらばらに生活していますが、ここに戻ってきて一緒に暮らしたいです。そして私たちは皆、仕事が必要です」と彼は言います。

 
アリは建築作業には数か月かかると言います。しかし、彼はこのような努力が、過激派組織に対する重要な主張になると信じています。

 
「私たちは皆、モスルの地が復興することを願っています」と彼は言います。「私たちが今していることは、過激派へのメッセージであり挑戦です。私たちは生活を再建し、彼らの破壊に対して立ち向かいます。」

 
Caroline Gluck

 
原文はこちら(英文)
Amid ruins of war in Mosul, residents start to rebuild

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する