国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める/イベント/企業のご支援/最新ニュース

8月8日~17日 世界報道写真展2017【大阪展】
で国連難民支援キャンペーン開催

世界報道写真展2017(大阪梅田・ハービスHALL ホワイエ 特設会場)にて、国連難民支援キャンペーンを開催します。キャンペーンでは、世界128か国で難民援助を行うUNHCRの活動や支援状況をご説明し、毎月の継続的な支援プログラム「毎月倶楽部」をご紹介します。
難民支援にご関心をお持ちの方、難民の現状についてお知りになりたい方は、ぜひ会場にお立ち寄りください。

世界報道写真展について

出展作品イメージ

出展作品:一般ニュースの部
リビア・サブラタの北へ約23キロ沖の地中海上で救出された姉弟。「リビアで母親が死んだ。」と語った11歳のナイジェリアの少女(左)は、NGOの救命ボートに乗りこみ、10歳の弟の隣で泣いていた。
撮影:サンティ・パラシオス(スペイン、AP 通信)2016年7月28日

「世界報道写真展」は1955年にオランダのアムステルダムで、世界報道写真財団が発足したことにより、翌年から始まったドキュメンタリー、報道写真の展覧会です。毎年、1月~2月にかけて主に前年に撮影された写真を対象にした「世界報道写真コンテスト」が開かれ、十数人からなる国際審査員団によって選ばれた入賞作品が「世界報道写真展」作品として、世界中で展示されます。

世界報道写真展ホームページ:http://www.asahi.com/event/wpph/

キャンペーン詳細

開催場所 世界報道写真展2017【大阪展】
(大阪梅田 ハービスHALL ホワイエ 特設会場)
期間 2017年8月8日(火)~8月17日(木)
開催時間 11時~20時

難民アスリート写真展も併せて実施いたします

UNHCR難民アスリート写真展・イメージリオオリンピック2016で難民選手団として活躍したアスリートの写真展も併せて開催いたします。
苦難の中でも希望を忘れず挑戦し続ける一人ひとりのストーリーと、彼らが後にしてきた祖国の現状をお伝えいたします。

 

協力:キヤノン株式会社

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する