国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援の現場から/最新ニュース

リビアからの救出が難民に新たな希望を与える
リビアからニジェールへの2回目の飛行機による救出は難民に新しい希望を与え、11月以来救出された人数は合計で約100人となりました

生後2か月のヌーラは、ソマリア難民の母親とともにUNHCRによってリビアの拘留センターから救出され、ニアメ国際空港に到着した最年少の子どもです

ニアメ(ニジェール)2017年12月18日 ― アフリカを陸路で横断する危険なルートを渡った時、エリトリア難民のラヘル*(29歳)は、ヨーロッパでの新しい自由な生活と好機を望んでいました。代わりに、彼女はリビアに滞在した18か月中11か月を拘留されることになったのです。

 
「私がリビアを離れる、とUNHCRから言われた時、どう考えればいいか分かりませんでしたし、最初は信じられませんでした。バスが来て拘留センターから私たちを連れ出してくれた時、本当なのだと理解しました…生きていて幸せでした」と、彼女はUNHCRニジェール代表に語りました。

 
ラヘルは12月15日金曜日の早朝、UNHCRが手配した飛行機でニアメ国際空港に到着した、特に弱い立場に置かれていると思われる74人のエリトリアとソマリア難民の1人です。51人の子どもと22人の女性を含むこの集団は、飛行機に搭乗するわずか数時間前までリビアの拘留施設にいました。

「UNHCRが私たちの命を救ってくれたのは、天の賜物です」

「UNHCRが私たちの命を救ってくれたのは、天の賜物です」と、救出されたラヘルは付け加えました。彼女は、地獄の旅の中で人身売買業者に3回売られました。

 
UNHCRスタッフは、簡易ホテルへ移送する前に、空港管制区域を通過する疲れきった難民を歓迎し、手助けをしました。その多くは、もうリビアに連れ戻されないことを再確認しようとしていました。

 
UNHCRは、地中海ルートにおける移民・難民の複雑な動きに対処するための幅広い施策の一環として、2017年11月に人命救助のための緊急避難を開始しました。

 
「ニジェールは彼らにとっての一時滞在場所です。彼らは歓迎されるのみならず援助され、人生はまだ可能だという希望を与えられるのです」とアレッサンドラ・モレーリUNHCRニジェール代表は述べました。

 
「門戸を開放してUNHCRがリビアからの人道的救出の飛行便を続行することを認めてくれたニジェール政府に、UNHCRは感謝したいです」と彼女は言い添えました。

 
ヴィンセント・コシュテルUNHCR中央地中海情勢担当特使は付け加えます。「このような救出は、リビアの沖合移民救護所(MOAS)を含む当局やパートナー団体の支援なしには実現しませんでした。また、私はニジェール政府と国民が示した並々ならぬ団結を称賛したいと思います。」

 
リビアから脆弱性の高い難民を救出するため、UNHCRはさらに再定住地1,300か所を募っています。多くの人々は、不定期間哀れな状況で拘留された、重大な人権危機の被害者です。

UNHCR職員バーバラ・モリナリオと遊ぶイヨブ(3歳)。彼はUNHCRが手配したリビアからの緊急避難の飛行便で母親ともに到着した

ソマリア難民のハムダ(25歳)は「リビアで逮捕された時、妊娠1か月でした」と語りました。

 
ラハルは、開放に5,500米ドルを要求した密輸業者に3回売られ、殴打されていました。

 
リビア北西部の港町ズワーラの男性集団に捕まったことを話す時、彼女は涙を流します。「私は彼らの顔を見ませんでした。彼らはダーイシュ(中東を中心に活動する武装集団)出身だったことは分かっています。彼ら全員が、私に性的暴行を働きました。何人いたかは分かりません。」

 
現在、到着した難民は医療支援と心理支援を受けています。

 
リビアにはUNHCRの支援対象者が約55万人います。その中には、20万人の国内避難民と4万4,000人の難民登録者と庇護申請者も含まれます。

 
* 名前は保護のため変更されています。

 
Barbara Molinario

 
原文はこちら(英文)
Evacuation from Libya gives refugees new hope

こうしている今も、地中海を渡り危険な旅を強いられている難民がいます

UNHCRは人道支援を最優先に、1人でも多くの難民の命を守るため、食糧や医薬品、そして避難所を提供できるよう、世界各国で難民支援活動を行っています。私たちの活動に力をお貸しください。

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する